C# DataTableの特定データにNULLを入れる

DataTableの数値型に対して空白を入れたいときの方法を紹介します。

たとえばDataTableの構造が下記の場合

データテーブルの構造

 

スポンサーリンク

 

エラーパターン

ID=2の家賃を空白にしたい時、単純に空白文字を入れると「入力文字列が正しくありません。」とエラーが出力されてしまいます。

// カラム名を指定して家賃を更新する
 dt.Rows[1]["家賃"] = ""; // 空白を挿入

 

正しいパターン

DBNullを使うと、指定した箇所をNULLにすることができます。

// カラム名を指定して家賃を更新する
dt.Rows[1]["家賃"] = DBNull.Value; // NULLを挿入

 

[補足事項]

// カラム名を指定して家賃を更新する
dt.Rows[1]["家賃"] = 0;

これでも同じ結果にすることができますが、ここでは空白を入れる要件があることを想定して作成しています。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す