WEBプログラミング初心者が挫折しない方法と3つの学習方法

Programming-learning

これからWEBプログラミングを学ぼうと考えているあなたの見据える先は明確でしょうか。そして、WEBプログラミングを始めようとする動機は明確でしょうか。

ここでは、プログラミング未経験者が挫折しないための取り組み方やプログラムを書けるようになるまでの方法を紹介します。

プログラミングは最初の取り組み方を間違えると挫折してしまう

WEBプログラミング未経験者が独学で学ぶべきではない2つの理由

開発環境の構築はハードルが高い

何から始めて良いのか全く分からないプログラミング未経験者の方がいきなり分厚い参考書を元に取り組んでも続きません。なぜなら、プログラミングを始める前に最初に立ちはだかる壁が開発環境を整えることだからです。

開発環境の構築は、初めて触る人にとってかなり作業負荷(ストレス)がかかります。なんとか環境が整っても、その後に必ず経験するエラー対応で解決策を調べる労力と根気も必要になってきます。

せっかくやる気になったにも関わらず、プログラミング初心者はこの段階で嫌になってしまい、プログラムを書く前に諦めてしまう事は多々あります。

環境を整える段階で先に挫折してしまうのは、非常にもったいないです。

プログラミングの勉強はつまらない

プログラミングで一番最初に覚えることがプログラミング言語の基本的な構文です。プログラミングの構文とは、言語特有のルール(文法)を指します。

参考書によく載っているのがサンプルプログラムですが、右も左も分からない状態でいきなり数十行のサンプルプログラムを見ても訳が分からないと思います。

見よう見まねでサンプルプログラムを書いても、まったく理解できていない状態だったらおもしろくもないし、学習効率もよくありません。

プログラムを書いていてもおもしろいと感じなければ続かないものです。また、勉強を目的にプログラムを書いても充実感はありません。

プログラミングスキルが必要だから勉強するという姿勢は大切ですが、やはり大事なのは楽しいと感じることだと思います。

そして、楽しいと感じるためには、取り組み方の工夫が必要です。

WEBプログラミング未経験者が挫折しないで継続的に取り組める方法

何のためにWEB プログラミングを学ぶのか動機よりもゴール設定が大事

プログラミングを始める動機は千差万別ですが、動機の強さは継続の源です。手に職を付けたい、スキルを身に着けたい、何でも良いと思います。

ただし、動機はプログラミングを始めるキッカケに過ぎなく、ゴールが不明瞭だとやはり長続きはしません。

プログラミングを始める目的にもよりますが、王道なのはプログラムを組んで「何を作りたいのか」を具体的にイメージする事が大事だと思います。

学習効率とプログラミングの楽しさを味わう

具体的に作りたいものをイメージできると、それを実現するために必要な知識と技術が明確になるため、学習効率を上げることができます。

もしも、作りたいものが不明瞭の場合、1つの言語を取っても様々な技術(ライブラリ)が用意されているため、使わない技術に時間を取られてしまいます。これは、学習をする上で非効率的です。

私が考える学習効率を上げる方法は、学習を兼ねながら目的(作りたいもの)に向かって必要な知識と技術を身に着けることです。

そして、実際に動作を確認しながら実践することで、充実感とプログラミングの楽しさを感じることができます。思い通りに動いたときは、成長を実感すると同時に自分で作ったものが動作したときは感動を味わうこともできます。

プログラミングスクールを活用する

最近では、わざわざ高額の情報処理学校に通わないでも、プログラミングを学べるオンラインスクールがあります。数万円で学べるオンラインスクールは、基礎的なカリキュラムと開発環境が準備されているため、非常に学習効率も良いです。

私自身は、情報処理の専門学校に2年間通いましたが、300万円近い学費を支払っています。プログラミングに関して学べたのは、C言語やPerlくらいです。

プログラミングスキルを身に着けるなら、高額の情報処理学校よりも、オンラインスクールで学んだ方が学習効率に優れ、金銭面でも安く抑えることができます。

まとめ

プログラミングを独学で学ぶメリットは、学習コストを抑えることにありますが、初めてプログラミングに取り組む方にとっては、挫折する可能性があるため、おすすめしません。

私が考える独学で学ぶレベルは、基本的な知識と技術を身に着けた段階だと思っています。知識と技術のベースがあれば、何か問題が起こっても独自で調べて解決できるからです。

そして、目的を達成するためには、「何を学べば良いのか」「どのような技術が必要なのか」も分かってきます。

これからプログラミングを始める非エンジニアは、まずはオンライン学習などを通して基礎的な仕組みを学びましょう。その後は、独学で進められるようになるので、飛躍的にスキルをUPさせることができると思います。

SNSでもご購読できます。