C# ファイルダイアログからテキストを読み込む方法

Windowフォーム上からユーザーアクションでファイルを指定してもらうときに利用するファイルダイアログを紹介します。

ここのサンプルコードは、ファイルの種類のデフォルトをCSVやテキストファイルをフィルターにしていますが、Excelファイルをデフォルトにすることも可能です。

using System.Windows.Forms;

namespace Study
{
	class FileOpenDialog
	{
        /// <summary>
        /// ファイルダイアログを開きます
        /// </summary>
        public void OpenFile()
        {
            try
            {
                OpenFileDialog openfd = new OpenFileDialog();

                openfd.Title = "ダイアログのタイトル";

                openfd.FileName = "読み込み対象のファイル名称(初期文字列)";

                openfd.Filter = "テキスト ファイル|*.txt;*.csv;*.log|すべてのファイル|*.*";
                //openFileDialog.Filter = "Excelファイル(*.xls;*.xlsx)|*.xls;*.xlsx";

                openfd.FilterIndex = 2; // ファイルの種類

                openfd.RestoreDirectory = true; // 現在のディレクトリを復元

                openfd.Multiselect = false; // 複数ファイルの選択は許可しない

                openfd.ShowHelp = false;

                if (openfd.ShowDialog() == DialogResult.OK)
                {
                    // 正常処理
                }
                else
                {
                    // エラー処理
                }

                openfd.Dispose();

            }
            catch (Exception ex)
            {
                Console.WriteLine(ex.Message);
            }
        }
	}
}

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. AC Milan より:

    Amazing! You know I love your blog!!!

コメントを残す