注目の記事 PICK UP!

  • C#

C# DataTableの特定カラムを削除

外部ファイルをそのまま取り込んだ時、不要な項目がある場合があります。その時に特定のカラムを指定して削除する方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

特定カラムを指定して削除する方法

サンプルコード

DataTable dt = new DataTable();

// 型を指定してカラムを定義
dt.Columns.Add("ID", typeof(int));
dt.Columns.Add("氏名", typeof(string));
dt.Columns.Add("平均点", typeof(double));

// "氏名"カラムを削除
dt.Columns.Remove("氏名");

9行目のRemoveメソッドを利用して指定のカラム名を削除することができます。

DataTableにレコードがある状態で、Removeメソッドを利用すると対象カラムにあるデータは全て削除されます。

スポンサーリンク

関連記事

  1. C# LINQを使って合計値や平均値を算出する

  2. C# ファイルダイアログからテキストを読み込む方法

  3. C# DataTableにExcelを読み込む

  4. C# DataTableの特定レコードを削除

  5. C# DataTableのカラム名を変更

  6. C# DataTableの特定データにNULLを入れる

  7. C# DataTableにCSVを読み込む

  8. C# オラクル接続してデータをDataTableに取得

  9. C#でOutlook2010を使ったメール送信方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP